未分類」カテゴリーアーカイブ

何に対して投資を行うべきか

お金の運用を行う際にまず大きな選択肢として貯蓄にするのか保険にするのかそして投資にするのかです。 この1番最初の選択肢の中で投資を選んだ場合に何に投資を行うか、これが大きな問題になってきます。そして現在は様々な手法で小さな金額でも投資ができるようになっていますのでここがポイントではないでしょうか。実際には保険は積み立て型であり掛け捨てであっても必ず入るべきです。しかしながら貯蓄においては超低金利時代が続くことを考えると、投資と組み合わせる必要があります。 そこで投資です。一般的には投資と言えば株式投資があり金のような実物投資、また米相場のような先物取引、FX、投資信託と様々です。また、最近では通信キャリアのポイントやアンケートサイト、ポイントサイトで獲得したポイントを投資に回すポイント投資といったジャンルまで出てきています。 これらの中から何に投資をするか選んでいくことになりますが。まず、お試しで少額投資で行くと考えるのであればまずは経験を重ねると言う意味でもポイント投資が良いのではないかと思います。リスクはもちろんありますが、金額が少ないこと、さらにポイントで貯めたものを投資に回すので被害が少なくなります。 次に株式投資になります。こちらも1000株単位での取引だけではなく100株単位の取引もできますし、最近では貯蓄から投資へと言う方針を受けてNISAで減税措置もありますので非常にお得だと思います。さらにインターネット証券の登場によってより簡単に口座を開くこともできます、売買も簡単にできるのがメリットです。 次に投資信託を見てみましょう。こちらはある程度の資産を保有している方々がプロに運用任せると言うスタンスなので誰もが利用できるわけではありません。 そして、非常に値上がり値下がり幅が大きく、初心者にとってはリスクも伴いますがFXです。シンプルに諸外国の為替によって値上がり値下がりが決まるのでわかりやすいと言えばわかりやすいですが、これで収益を得ようと思うとかなり難しいと思います。プロ向きではないでしょうか。 次に金の投資になります。こちらはある意味貯蓄に近い形になるかもしれません。毎月、金に対して投資を行うことになるのですが、に靴擦れすることがほとんどなく、さらに積み立てていくので貯蓄に近い形になります。時代を超えて手堅い投資として捉えられています。 このように様々な投資の形がありますので自分自身の資産状況や目指すべきポイントに着目しながら選択すべきだと思います。