未分類」カテゴリーアーカイブ

FXの取引の失敗から稼ぎ方を学ぶ

FXでは、損失が生じる事は多々あります。現にFXの初心者の方々は、たいてい損失を経験しています。自分なりにレートを分析してみたものの、損失になってしまう事もあるでしょう。その損失には、実は色々なヒントが隠されています。

FXの損失経験から利益を得る方法を学ぶ

確かに損失が生じれば、お金は減ってしまいます。FXの業者に10万円ぐらい預けたのに、取引で失敗してしまった結果、4万円ぐらいに減ったという話もよくあります。もちろん多くのお金を預けていれば、損失額も大きくなってしまいます。
ところでFXの取引をした方は、9割ぐらいは損しているというデータもあるのです。9割ぐらいは、マーケットから撤退しているというデータもあります。ですからFXで利益を得るのは、決して簡単ではありません。
もちろん残り1割の方々は、FXでお金を稼いでいます。きちんと取引すれば、利益を生み出す事も可能なのです。そこは本人次第です。
どうすればお金を稼げるようになるかというと、損失から学んでみる方法があります。逆の発想をしてみると、取引のヒントを得られる事も多いです。

失敗した取引と逆の事をしてみる

例えばある時のユーロのレートは、130.5円だったとします。今後はユーロのレートは上昇すると予想し、買い注文しました。
ところが予想に反して、ユーロは下落してしまいました。129.5円にまで下がったので、やむを得ずに損切りしました。もちろん、この場合は1円分の損失になってしまいます。
ところでFXの場合は、その逆の注文も可能です。130.5円の時に買う方法もあれば、売る選択肢もあります。
売りから入れば、もちろん1円分の利益になるでしょう。FXで1円分の利益は、かなり大きい方です。
つまり、逆の発想をしてみる訳です。130.5円の時に買うべきという発想にこだわっていると、なかなか利益が発生しない事もあります。そうではなく、130.5円の時に売るという発想をしてみる訳です。
上記のように「損失と逆の取引をしてみれば、利益になっていた」というケースはよくあります。それを考慮すると、損失経験は大いに意味があるのです。損失の経験から、新たな取引の発想を学べる事もあるでしょう。
幸いにもFXでは、取引履歴を確認する事もできます。過去に損失が生じているなら、それも取引履歴で見れるようになっています。
もしもFXの利益率が今一つな時は、その取引履歴を見返してみると良いでしょう。逆の発想で取引履歴を見てみると、学べる点も多々あります。